2021.11.24 LUVINA'S MIND

ITにおける品質管理とは何ですか?その留意点は?

ITにおける品質管理は、ソフトウェア開発プロジェクトで重要な役割を果たします。 この仕事の詳細について以下の記事を見ていきましょう。

ITにおける品質管理とは、開発者がプロ​​グラムソースを直接確認したり、利用ユーザーの利便性などを評価する必要がある業務です。 ここでは、ITにおける品質管理と要件の詳細をご覧ください!

ITにおける品質管理とは?

ITにおける品質管理は、ソースコードからユーザーエクスペリエンスまでのソフトウェア製品のテストと評価です。ユーザーからの「要求」と生産物により生み出される「価値」を満たしていれば、ソフトウェアの品質が良いとされるでしょう。

ITにおける品質管理を担う職種は、QAエンジニアとテストエンジニアの2つの職種があります。

そのうち、QAエンジニアは、ソフトウェア品質を制御して、ユーザー要件に沿った動作や機能であるかの品質管理を実施します。また、テストエンジニアは、開発している製品の動作を確認したり、バグや不具合がないかのテストを実施します。

この2つは、ITにおける品質管理では最も重要な職種とされています。

ITにおける品質管理は、ソースコードからユーザーエクスペリエンスまでのソフトウェア製品のテストと評価です。

ITにおける品質管理は、ソースコードからユーザーエクスペリエンスまでのソフトウェア製品のテストと評価です。

ITプロジェクト品質管理の仕事内容

特定のソフトウェアまたはプログラムの設計、構造、開発、および完了には、多くのステップを継続的に行うプロセスが必要です。 完成したソフトウェアは、工程は完了しても、バグや不具合の発生が予想されるため、試験や検証を繰り返し、バグなどを洗い出すことが必要となります。

品質管理部門によって検出されたバグなどは、すぐに対応し、修正するため開発工程のエンジニアにフィードバックします。 ここでは、QAエンジニアとテストエンジニアの仕事の一部について紹介しましょう。

バグ及び動作不良のチェック

ITにおける品質管理プロセスの最初のステップは、ソフトウェアのバグと欠陥を特定することです。 バグや動作不良のあるソフトウェアは、市場にリリースしてユーザーに提供することができません。

ソフトウェアのバグ及び動作不良をチェックしたり、対応できるように様々な試験や検証を繰り返し実施する必要があります。このようにすることで、不具合を解消し顧客が望む利便性を確保した製品を提供することができます。

報告・改善

バグや不具合などをチェックした後、迅速な処理と修正をするためには品質管理担当者からバグなどについて、開発者への報告や不具合修正の指示が必要となります。

開発者、エンジニアへの報告や修正の依頼は、ITにおける品質管理を実施する上で大変重要な作業です。このコミュニケーションが不足すると、バグや不具合がいつまでたっても解消されず、製品リリースにも影響します。

IT品質管理者の役割は非常に重要です。

IT品質管理者の役割は非常に重要です。

修正と検証の繰り返し

IT品質管理担当者からの修正依頼を受けて、開発エンジニアはバグや不具合を修正したのち、品質管理担当者へ再検証を依頼します

このようなチェック・修正・検証の作業が完全にバグや不具合を解消するまで繰り返し続けられます。この作業を行うことで品質の向上を図り、ユーザーが満足できる製品を目指します。

要件の確認を合わせるためのヒアリング

品質管理者のもう1つの重要な担当が、ユーザーが希望している機能や利便性をヒアリングし、把握して理解することです

ユーザーとの会議、やり取り、対面または電子メールの交換で、品質管理者は要件と技術情報について明確にする必要があります。 ユーザーの要求を明確にすることで、設計、実装、検証、および完成したソフトウェアの修正にかかる時間を短縮することができます。

 

それでは, ITにおける品質管理の主なポイントは何でしょうか?それに関して以下で一緒に理解していきましょう!

ITにおける品質管理の重要なポイント

システム開発工程ではITにおける品質管理は開発方法及び様々な関連部署との連携によって異なります。また、ソフトウェア開発では、品質管理計画と立案などさまざまなポイントがあります。

ソフトウェアの開発方法によって品質管理方法が異なる

日本のIT企業で一般的に使用されているソフトウェアプロジェクトの管理方法には、アジャイル、ウォーターフォール、リーン、看板方式などがあります。

それぞれの方法には、特性や利点があり、企業の要件と文化に合わせて選ばなければなりません。 その中でも、アジャイルセッション/スプリントソフトウェアという管理方法が多く使われています。 プロジェクトを細分化することで、ITにおける品質管理も簡単になり、報告、検証もより速く行うことができるようになります。

ソフトウェアの開発方法によって品質管理方法が異なる

ソフトウェアの開発方法によって品質管理方法が異なる

さまざまな関連部署との連携

多くのソフトウェア開発企業は、利害関係者間の協力不足が原因で、製品のリリース時期がしばしば延期されることがあります。前述のように、ITにおける品質管理は、顧客も含む部門間の綿密な連携が大きく影響します。 顧客の要件をよくヒアリングして初めて、各部門が計画、設計、開発を順調に進めることができるからです。 また、綿密な連携により、検査とエラーチェック、および改善と検証もより速く、より便利になります。

製品リリースまでの時間短

顧客から要件を受け取る段階で要件が明確に把握できていない場合、開発工程で発生するバグや不具合による手戻りのコスト、連携不足による認識のズレなどが製品リリースまでの期間に大きく影響します。コストを抑えるためには、このような状況を極力避けることが大切となります。

ソフトウェア開発の品質管理業務のポイント4つ

ITにおける品質管理は、ソフトウェア開発プロジェクトにおいて非常に重要な役割を果たします。 以下の記事は、企業が開発プロセス中に不要なリスクを回避するのに役立つでしょう。

品質管理計

ITのソフトウェア開発での品質管理計画は、品質目標を設定しそれに向かって各部門の進捗管理を実施することですバグなどの問題を早期に発見、対応し、最終的には、品質向上を目指すことになります。

また、品質管理の実際値と目標値とを比較して目標達成の判断を実施します。

ITにおける品質管理は完全かつ系統的に計画する必要があります。

ITにおける品質管理は完全かつ系統的に計画する必要があります。

品質管理の工程を明確にしよう

開発工程での品質管理は、試験や検証を十分に実施することです。各作業レベルの内容を細かく定義して、効率的な作業ができるようにします。これにより、作業内容は明確化され時間短縮にも繋がります。

原則となるルールを守ること

ISO 9001、ISO 14001など、ソフトウェア品質の国際規格が規定されていることがよくあります。

さらに、ソフトウェアは、顧客が設定した基準と要件にも準拠している必要があります。 さらに、ITにおける品質管理の過程で、データ管理、セキュリティ、リスク処理などに関するルールを無視してはいけません。

品質管理の手法の把握

ソフトウェア品質管理の手法を正しく理解し、定義することは非常に重要です。ソフトウェア開発での品質管理は最も広く実施されている手法が「ピアレビュー」や「プロセスQA」といった2つの手法です。

ピアレビューとは、品質管理の手段の一つで技術者がお互いの業務を見直す手法のことです。リリース前にバグや不具合を見つけ出します。

プロセスQAは、製品がリリースされる前に、各プロセスが適正に実施されているかを監視することで、製品の品質を確保します。

適切なソフトウェア品質管理方法を理解し、定義することは非常に重要です

適切なソフトウェア品質管理方法を理解し、定義することは非常に重要です

ITにおける品質管理は非常に重要な役割を果たし、ユーザーに完全でバグのない製品を提供します。 同時に、企業がソフトウェアの変更とリリース後の交換にかかる多くのコストを節約できるように支援します。ベトナムにおける日本企業向けのソフトウェア開発サービスに興味がある場合は、ホットラインまたは電子メールでLuvina Softwareに問い合わせください。一流のベトナムITサービスの詳しい情報を提供いたします。

back to top