2021.11.24 LUVINA'S MIND

アウトソーシングとは?アウトソーシングをする理由は?

アウトソーシングとは何でしょうか? 現在のデジタルトランスフォーメーションの時代にアウトソーシングが必要なのはなぜでしょうか? 詳細については、次の記事をご覧ください。

情報技術の分野でのソフトウェアアウトソーシングの需要が高まっており、企業は市場で入手可能な優秀な人材を最大限に活用しています。では、アウトソーシングとは何でしょうか?この記事でアウトソーシングについてご紹介いたします。

アウトソーシングとは?

「アウトソーシングとは?」「アウトソーシングをする理由は?」 これらは、多くの企業が近年関心を持っている話題です。

「アウトソーシングとは?」「アウトソーシングをする理由は?」 これらは、多くの企業が近年関心を持っている話題です。

「アウトソーシングとは?」 「アウトソーシングをする理由は?」 という話題は、特に世界中がスピーディーに変化し、進化しているデジタルトランスフォーメーション時代に突入している現代、多くの企業が近年関心を持っています。

アウトソーシングは、ソフトウェアのプロジェクトの一部またはプロジェクト全部を外部に委託することです。アウトソーシングサービスプロバイダーはアウトソーシングを引き受ける会社のことを指し、開発者としての役割は担いますが、ソフトウェアの所有権はありません。同時に、開発にかかるすべての費用はアウトソーシングを委託した企業が支払うため、アウトソーシングサービスプロバイダーはその製品の利益を受け取ってはなりません。ただし、その製品を処分する権利はあります。

ベトナムのソフトウェアアウトソーシング市場は現在、豊富で優秀なIT人材が溢れており、非常に活気があります。多くの会社はアウトソーシングを引き受けており、これにより、アウトソーシング業界全体で質の高い会社が増えています。

アウトソーシングをする理由は?

前述のように、世界は急速に変化と進化しているデジタルトランスフォーメーションの時代に突入しています。企業の内部人材では、市場の変化や進化にすぐに対応することはできません。これは、企業が時代に取り残されるか、もしくは人材育成に多くの時間とお金を費やさなければならないことを意味します。

一方、アウトソーシングサービスを利用する場合、プロジェクトの一部または全部が短期間で完了します。

アウトソーシングのメリットは?それは高い経済効果をもたらし、企業は大幅に費用を節約できるということです。

アウトソーシングのメリットは?それは高い経済効果をもたらし、企業は大幅に費用を節約できるということです。

さらに、企業内部のIT人材の主な専門知識がソフトウェアではない場合もあります。 よく使用されるソフトウェアソリューションは、更新およびビジネス目的のみに使用されていますが、生産には使用されていません。したがって、アウトソーシングサービスプロバイダーによるソフトウェアの外部委託という選択は、最適かつ最も効果的な選択です。

ソフトウェアのアウトソーシングのタイプについて紹介

アウトソーシングは、日本をはじめ世界各国で幅広く展開されています。企業は、プロジェクトの一部または全部を、情報システムコンポーネントの構築から管理、運用、および移行まで外部委託できます。

アウトソーシングにより、企業は多くのコストを節約し、社員の採用やトレーニングをする必要がなく、また育成されたIT人材は、優秀な人材として活用できます。これにより、企業は他の要因に気を取られることなく、主要業務に集中することができます。

アウトソーシングは、オフショア、ニアショア、ローカルの3つのタイプに分けることができます。アウトソーシングの主なタイプは何か、次の記事をご覧ください!

オフショアアウトソーシングとは?

これは、海外のアウトソーシングサービスプロバイダーに業務を委託することで、ソフトウェアまたは情報技術システムを委託、拡張、および開発します。このようなオフショア開発は、日本企業とベトナム企業との間では非常に一般的な方法です。

オフショアは2つの主要なタイプに分けられます。具体的には次の通りです。

  • 日本企業は、アウトソーシング要件を明確に詳細な文書として作成します。ベトナム企業が製品を開発し完成させます。
  • 2つ目は、日本企業がオリエンテーションと基本的な要件のみを伝え、ベトナム企業がソフトウェア製品の設計、開発、完成までの全段階を担当するというものです。 最後に、日本のアウトソーシング会社が製品テストを実施します。

アウトソーシングにおけるITOとは? これは、日本で広く適用されているアウトソーシングです。

アウトソーシングにおけるITOとは? これは、日本で広く適用されているアウトソーシングです。

ニアショアアウトソーシングとは?

オフショア開発と同様に、ニアショアソフトウェア開発は、近隣国に開発業務の一部をもしくは全部を委託することです。このタイプのメリットは、同文化で、時差が少ないことです。 ニアショア開発という言葉は、インド、中国、ベトナムでのアウトソーシング(オフショアアウトソーシング)と、チェコ、ポーランド、スロベニアなどの東ヨーロッパでのアウトソーシングとを区別するために、アメリカと西ヨーロッパでよく使用されています。

ローカルアウトソーシングとは?

オフショアまたはニアショア開発の逆は、ローカルアウトソーシングです。これは、アウトソーシングが必要な企業は海外のプロバイダーに委託するのではなく、国内の企業に委託します。ローカルアウトソーシングの明らかなメリットは、地理的な距離、タイムゾーンの違い、言語や文化の違いがないということです。しかし、国内のアウトソーシングは、コスト削減と豊富な人材という2つのアウトソーシングの重要なメリットを生かすことができません。そのため、日本では人口や人材が不足しているため、あまり人気がありません。 

以上のことから、オフショアアウトソーシングは、海外の優秀かつ経験豊富で安価な人材を活用できる外部委託だと言えます。ただし、オフショアアウトソーシングには、働き方、言語、地理的距離、時間などの違いなど、いくつか大きな障害もあります。

Luvina Softwareは、ベトナムでのオフショアソフトウェアアウトソーシング分野のパイオニアであり、多くの日本大企業のパートナーです。Luvinaは、経験豊富で、日本文化に精通し、日本語が堪能なスタッフが多いため、文化、言語などの障害を完全に乗り越えることができます。 

アウトソーシングの利点とは?

アウトソーシングは、企業がコストを節約でき、生産効率を向上させるだけでなく、他にも多くのメリットがあります。それと同時に、アウトソーシングを行うことで発生する障害も避けられません。それでは、アウトソーシングのメリットとデメリットは何でしょうか?

アウトソーシングのメリットとは?

具体的には、アウトソーシングの主なメリットは以下となります。

  • 企業は、現在の事業活動に集中するために、費用、人材、設備などの多くの経営資源を手放すことができます。
  • アウトソーシングを第三者に委託することで、企業の進歩は加速し、目標を達成するまでの時間を短縮でき、面倒な管理業務も減らすことができます。
  • アウトソーシングサービスで、企業は各プロジェクトに応じて経営資源を柔軟に拡大または縮小でき、それによって人件費を大幅に節約できます。

アウトソーシングのデメリットとは?

アウトソーシングは、多くの場合、同時に多くの業務委託会社と協力しているため、機密情報が漏洩するリスクがあります。さらに、特にベトナムや世界の多くのソフトウェアアウトソーシング企業は、人材を委託元に派遣するのが難しいことがよくあります。これにより、知識不足や理解不足が原因で、製品の質がそれほど高くない場合もあります。

このように、アウトソーシングには多くのメリットもありますが、障害とリスクもあります。したがって、状況に応じて、企業はアウトソーシングサービスを使用するかどうかを決める必要があります。信頼できる優秀なアウトソーシングサービスプロバイダーを選択することが、プロジェクトを成功に導く重要な要素です。

アウトソーシングのメリットとは? アウトソーシングは、企業がコストを節約でき、生産効率を向上させるだけでなく、他にも多くのメリットがあります。

アウトソーシングのメリットとは? アウトソーシングは、企業がコストを節約でき、生産効率を向上させるだけでなく、他にも多くのメリットがあります。

アウトソーシングサービスとIT人材の派遣の違い

現在、ソフトウェアの外部委託において、アウトソーシングと派遣との違いは混同しやすく、多くの企業が最適な選択をすることが難しくなっています。 それでは、一緒にこれら2つの違いを調べてみましょう。

前述の通り、アウトソーシングとは、設計、管理から運用、移行までのすべての段階を含む、プロジェクトの一部または全部を外部に委託することです。

一方、IT人材の派遣もアウトソーシングという形で行われていますが、最大の違いは、そのIT人材は派遣会社から派遣されるということです。ソフトウェア開発に人材が必要な場合、企業は派遣会社にIT人材を要請します。派遣会社から派遣されたIT人材は、派遣先の企業のプロジェクトに参加し業務を遂行します。ソフトウェアが完成した後、このIT人材は派遣会社に「返還」されます。

この形式のIT人材派遣により、企業は採用にかかるコストを大幅に節約でき、ソフトウェアが完成したら、人員を簡単に削減できます。

IT人材の派遣もアウトソーシングという形で行われていますが、最大の違いは、そのIT人材が派遣会社から派遣されるということです。

IT人材の派遣もアウトソーシングという形で行われていますが、最大の違いは、そのIT人材が派遣会社から派遣されるということです。

LuvinaSoftwareのアウトソーシングサービスとは?

Luvina Softwareは、日本市場向けの情報技術製品の設計、開発、保守、運用を専門とする会社です。

Luvina Softwareは、17年以上の豊富な経験とそれに伴う進化で、日本の大企業を含むさまざまな分野の多くの企業のパートナーです。Luvina Softwareは常に知識、スキル、経験の向上に努め、国内外で次のような資格、称号を受賞しており、最適なソフトウェアアウトソーシングソリューションを提供しています。

  • 東工大発ベンチャー称号 (2005年01月受賞)
  • ISO 9001 (2006年07月取得)
  • ISO/IEC 27001 (2011年02月取得)
  • CMMI 3 (2012年12月取得)
  • 蔵前ベンチャー賞 (2014年11月受賞)

Luvina Softwareのアウトソーシングサービス

  • ソフトウェア開発および保守サービス
  • 運用サービス
  • 移行サービス(システムマイグレーション)

Luvina Softwareは日本の企業と協力し、多くのソフトウェアシステムをアウトソーシングすることに成功しました。同時に、私たちの製品と実行チームにはお客様を満足させる絶対的な自信も持っています。

 Luvina Softwareが外部委託している製品

  • クレジットカード登録システム
  • 介護・保険とする業務システム
  • CRMシステム統合
  • 銀行システム
  • 労働安全衛生管理システム
  • ECシステムのウェブリニューアル
  • 発電所監視訓練システム

Luvina Softwareは日本市場向けの情報技術製品の設計、開発、保守、運用を専門とする会社です。

Luvina Softwareは日本市場向けの情報技術製品の設計、開発、保守、運用を専門とする会社です。

ソフトウェアアウトソーシングプロバイダーとしてLuvinaSoftwareを選択する理由

現在、日本市場と世界には、さまざまな品質と価格のアウトソーシングサービスを提供するプロバイダーが数多くあります。しかし、ベトナムからの優秀なアウトソーシング会社と協力し、低コストであることが、パートナー、特に日本のパートナーにとっては最適で最良の選択です。

Luvina Softwareは、企業からの評判が良く、高品質で安価なソフトウェアアウトソーシングパートナーを探しているときに無視できない会社の1つです。

ソフトウェアアウトソーシングサービスは高品質で安定

「アウトソーシングプロバイダーとしてLuvina Softwareを選択する理由は?」という質問に対する回答は、  「高品質で安定した製品だから」です。Luvina Softwareで外部委託されているソフトウェアは、常に設計、実装、検証に重点を置いており、品質の高さと安定性を保証しています。ソフトウェア製品の品質は、常に国際規格ISO 9001、CMMIを満たしています。

Luvina Softwareは、最高の製品品質を維持するため、トレーニングに重点を置いているコアスタッフを中心にソフトウェアアウトソーシングサービスを行っています。

Luvina Softwareで外部委託されているソフトウェアは、常に設計、実装、検証に重点を置いており、品質の高さと安定性を保証しています。

Luvina Softwareで外部委託されているソフトウェアは、常に設計、実装、検証に重点を置いており、品質の高さと安定性を保証しています。

優秀で安定した人材、日本語に堪能

特に、Luvina Softwareの人材は、日本市場にサービスを提供するために特別に訓練されています。彼らはすべて、科学技術大学など、全国のトップ大学の優秀な人材です。Luvina Software独自の専門トレーニング施設であるLuvina Academyで、他の専門知識と同時に日本語をトレーニングします。お客様からのすべての要件に対応する、優秀なソフトウェアアウトソーシング人材を確実に提供します。

これが「アウトソーシングプロバイダーとしてLuvina Softwareを選択する理由は?」という質問に対する回答の1つです。

長期的で信頼できるパートナーシップを最優先

Luvina Softwareは、ベトナム、日本、そして世界中の企業との長期的な協力関係を常に高く評価しています。Luvina Softwareは、ソフトウェアのアウトソーシングに加えて、設計、保守、システム運用など、製品ライフサイクルのあらゆるサービスを企業に提供しています。

LuvinaSoftwareは日本市場を理解

「Luvina Softwareをアウトソーシングプロバイダーとして選択する理由は?」という質問に対するいちばんの回答は 「日本市場を理解している」ということです。

17年以上の経験とそれに伴う進化で、Luvina Softwareのサービスは100%日本市場に焦点を合わせています。Luvina Softwareは、日本のビジネス文化と商習慣の理解と知識に基づいて、あらゆる分野のソフトウェアアウトソーシングにおいて信頼できるパートナーになることができると確信しています。

Luvina Softwareの人材は訓練を受けており、コミュニケーション能力から専門的な知識においてまで、十分なスキルを備えています。Luvinaの従業員は100%日本語で流暢にコミュニケーションができ、企業のニーズを細かく理解し、最適な提案ができます。

特に、Luvina Softwareは長い間、日本の労働文化をオペレーティングシステムに適用しており、文化からニーズまで最高の理解を示してきました。

「Luvina Softwareをアウトソーシングプロバイダーとして選択する理由は?」という質問に対するいちばんの回答は「 日本市場を理解している」ということです。

「Luvina Softwareをアウトソーシングプロバイダーとして選択する理由は?」という質問に対するいちばんの回答は「 日本市場を理解している」ということです。

今回の記事で「アウトソーシングとは何か」そして、「アウトソーシングを行う必要がある理由」がご理解いただけたと思います。  現在、世界中の企業にとってアウトソーシングは避けられないテーマになっています。アウトソーシングにより、企業のビジネスは以前より専門化され、経営資源を主要事業に集中させることができます。これは、コストを節約し、ソフトウェア開発期間を短縮するだけでなく、高い経済効率ももたらします。ソフトウェアのアウトソーシングサービスに関するお問い合わせ、アドバイスは、ホットラインやWebサイトからLuvina Softwareにご連絡ください。

back to top